ドチモンのエビ

アクセスカウンタ

zoom RSS 黒田戦記 エピソード1「謀略(はかりごと)」(その12)

<<   作成日時 : 2018/06/09 18:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

赤松政秀の娘の誘拐の真相を主君の小寺政職から
聞き出した黒田官兵衛。
その官兵衛は。竹中半兵衛と共に主家である
守護赤松家の当主赤松義祐の置塩城に訪れていた。
義祐「ワシが政職に赤松政秀の娘を拐うように
    命じたと?」
半兵衛「ええ、政職からの証言です。」
義祐「そんな事を命じた記憶はないのう。」
官兵衛「我が主君(あるじ)が嘘を申しているというの
     ですか?」
義祐「嘘とは言わんがワシの命令(めい)を忖度したの
   ではないかのう。」
半兵衛「忖度ですと?」
義祐「ああ、政秀の娘が公方様(=将軍足利義昭)の側室
    にあがる件に対し何か考えよとは申したがまさか
    誘拐に及ぶなんて思わなかった。」
官兵衛「そんな言い訳が通じるとお思いですか!」
義祐「とは言えこれが事実だからのう。」
それに対し官兵衛が言い返そうとするのを半兵衛が制した。
半兵衛「あいわかりました。我が主(=織田信長)には
     そのようにお伝えします。」
義祐「ああ、信長様びはよしなに。」
義祐が去ろうとした時、官兵衛がこう捨て台詞を吐いた。
官兵衛「お屋形様(=義祐)、もし此度と同じように
     我が主(=政職)を窮地に陥れるような事あらば
     もう黙っていないとお心得下さい。」
この官兵衛の無礼な物言いに義祐は当選怒った。
義祐「何だと!」
すると官兵衛は、一変してこう謝罪した。
官兵衛「何もできぬこの不肖官兵衛の無礼な物言い、
     どうかお許し下さい。」
それを聞いた義祐は、何も言わすにその場を去った。
姫路城に戻った官兵衛は、半兵衛にこう訴えた。
官兵衛「まさかあのような妄言お信じになられませんよね?」
半兵衛「信じるも何も私は、そのままをお屋形様(=信長)に
     お報せするまでだ。あとは、お屋形様がどう判断
     なされるかは私の範疇外だ。」
官兵衛「そんな・・・。」
すると半兵衛は、官兵衛にこう尋ねた。
半兵衛「官兵衛、私を、いや信長様を疑っておるか?」
官兵衛「それは・・・。」
半兵衛「遠慮する事はない。嘗てのお主の部屋にいるのは
     二人だけだ。」
半兵衛に促された官兵衛は、自分の思いをぶつけた。
官兵衛「ええ、此度は信じられません。
     (栗山)善助にも言われましたが今回の策は、
     半兵衛様が書いたのではと。」
半兵衛「なるほど。でそなたもそう思うか?」
官兵衛「正直わかりません。」
半兵衛「もしそうならばこの私を恨むか?」
官兵衛「それができたら少しは気が晴れるかも知れません。
     ですが私も同じ”策士”の端くれ。
     半兵衛様のお立場は、理解しています。」
半兵衛「それは少しは気が楽のなったな。」
官兵衛「むしろ自らの未熟さが腹立たしい。
     何故こうなる事を予期できなかったのかと。」
それを置いた半兵衛は、笑って答えた。
半兵衛「あはは。
     策士、策に溺れるとはまさにこの事だ。
     官兵衛、自分の才器に自惚れていないか。」
官兵衛「自惚れですと?」
半兵衛「ああ、お主の姫路城の譲渡によって信長様の
     歓心を買って戦を回避する。
     だが信長様は、それが通用する甘いお方では
     ないぞ。」
官兵衛「では信長様は、何が何でもこの播磨で戦をして
     我ら播磨の国人衆に恭順させると。」
半兵衛「ああ、そうだ。
     だがこの播磨だけに限った事ではない。
     全ての諸国をつき従わせせ、そして・・・。」
そして半兵衛は、信長の目指すものを言い放った。
     
半兵衛「この日本を”統一”し、戦なき新たな世界(よ)を築く!」

官兵衛「戦のない新たな世界(よ)・・・。」
半兵衛「ああ、その手始めとして播磨を手中にし、”西の防波堤”
     にして畿内を平定する。
     それが済めば、いよいよ甲斐の武田信玄との最終決戦
     となろう。」
官兵衛「つまり此度の”謀略(はかりごと)”はそのための・・・。」
半兵衛「そういう事だ。」
官兵衛は、それを聞いて衝撃を受け、そしてどう対抗すればよいか
考え込んだ。
それを見透かしたように半兵衛は、こう言った。
半兵衛「まさにお家や播磨の命運がそなたの選択にかかっている。
     ここでそう簡単に答えは出ないだろう。
     じっくり考えるがよい。
     だが余り時間は残されていないぞ。」
官兵衛「はい、そうでsyね。」
すると半兵衛は、官兵衛の右肩を掴んでこう語りかけた。

半兵衛「生かしたき大事を見極め、それを守り抜く事ではないか!」

官兵衛は、半兵衛のこの言葉に心刻まれた。

〜続く〜

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
黒田戦記 エピソード1「謀略(はかりごと)」(その12) ドチモンのエビ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる