ドチモンのエビ

アクセスカウンタ

zoom RSS 黒田戦記 エピソード1「謀略(はかりごと)」(その13)

<<   作成日時 : 2018/06/10 20:04  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

織田信長が”天下統一”の足掛かりとして
播磨を手中にする事が狙いだと竹中半兵衛
から聞いた黒田官兵衛。
その夜、その半兵衛から姫路城で酒を飲み
かわしながら話を聞いた蜂須賀小六が心配した。
小六「大丈夫か?
    あんまり官兵衛を追い詰めると窮鼠になって
    噛みつかれるやも知れぬぞ。」
半兵衛「官兵衛は、ちゃんと計算できる漢だ。
     それに仕込んでもあるしな。」
小六「仕込んでるだと?」
半兵衛「ああ、官兵衛と初めて堺で会った日にな。」
小六「それは、いつの話だ?」
半兵衛「ちょうど5年前。その時の官兵衛は、15歳だな。
     会合衆の今井送久様の紹介で会ったのだ。
     ”播磨の知恵袋”と呼ばれる漢に会ってみないかと
     言われてな。」
そう言うと、半兵衛はその日の事を語り始めた。

その当時、官兵衛は、小寺家重臣である櫛橋伊織の補佐役
として堺を訪れた。目的は、堺と美濃が結んだ【無関税協定】
と同様の協定を結ぶためである。
青の時、たまたま半兵衛も堺に訪れていたので二人は会う事に
なった。
互いに挨を交わした後、官兵衛は、半兵衛にこのような事を尋ねた。
官兵衛「何かを決断すべき時にまず何を考えますか?」
それを聞いた半兵衛は、腕を組み直してこう答えた。
半兵衛「”大事”だ!」
官兵衛「”大事”ですか。」
半兵衛「”決断”とは、まさに己が生かしたき”大事”を選ぶ事。
    そのために他の”小事”捨てる事だ。
    だからこそ己にとっての”大事”は何なのかを常に問い
    続けている。」
官兵衛「己にとっての大事を問い続けるですかあ。」
半兵衛「ああ、そして決断を下したら・・・。」
そう前置きした半兵衛は、官兵衛にこう語った。

半兵衛「生かしたき大事を守るために戦い抜く事だ!」

それを聞いた官兵衛は、半兵衛に感銘を受けてこう答えた。
官兵「ありがとうございます。
    その教え決して忘れません。」
それを聞いた半兵衛は、黙って頷いた。

それを聞き終えた小六は、こう答えた。
小六「なるほど。それが半兵衛の”仕込み”かあ。
    それを忘れてなければよいがなあ。」
半兵衛「忘れるわけないさあ。」
小六「何故、そう言い切れるのだ?」
半兵衛「私も忘れてないからさ。”美濃のお屋形”のこの教えをな。」
半兵衛の言う”美濃のお屋形”とは、嘗ての美濃領主で信長の舅の
斎藤道三の事である。
小六「なるほどな。」
小六は、納得して手に持っていた盃の酒を飲み干した。

同じ頃、その官兵衛は、国府山城の自室である書状を書きながら
考えていた。
官兵衛「信長様が目指すものが”天下統一”。
     ならば私はどのように動くべきなのだ?
     恭順か、それとも戦うかを選択せねばならぬ。
     だがこれは、私だけでなく黒田家や小寺家、
     いや播磨の命運がかかっている。」
すると奥方の光が官兵衛の自室にお茶を持って訪れた。
官兵衛「ああ、すまない。光。」
光「何かお考えだったのですか?」
すると官兵衛は、ごまかすようにこう答えた。
官兵衛「いや、今書いている(櫛橋)左京進殿の”助命嘆願状”の
     文言を考えていてな。」
光「そうだったのですかあ。」
これを聞いた光は、ある相談を官兵衛に持ち掛けた。
光「お前様(=官兵衛)、織田家の御台様(=帰蝶)に
   兄上(=左京進)の助命嘆願の書状をお送りしたい
   のですが。」
官兵衛「だが何か縁でもない限り一小大名のである
     小寺家(絵sが家)の城代の奥方の書状
     を読むだおうか?」
光「それなら大丈夫ですよ。
  お前様の評判は、もう織田家では広まってますから。
  それに御台様とは、以前から”歌会”の書状でよく
  やり取りしてましたから。」
官兵衛「何っ、”歌会”でやり取りだと?」
光「ええ、堺の千利休様が主催で武家や公家の姫君が歌を
  読み合ったり鑑賞して感想を書状でやり取りする
  会合です。他の諸国ともやり取りするのでほとんど
  の方々と顔合わせもしたことがありません。」
これは、今でいえばSNSのようなもので姫君たちが
こうして交流しあい歌の感性も同時に磨いていたのだ。
何で利休がこのような事をしていたかと言えば、歌から
諸国の情勢を集めたり、また縁談の仲介に役立てていた
のだ。
ちなみにその役目は、後にその姫君の一人だった春日局の
大奥が引き継ぐ。
これを聞いた官兵衛は、少し考えてこう言った。
官兵衛「だが書状を出せばヤブヘビになるやも知れぬぞ。」
光「ヤブヘビとは、私と松寿丸が”人質”にされる事ですね。」
官兵衛「ああ、そうだ。」
光「その覚悟は、これを出すと思い立ったときからできてます。
  ですがそれで兄上(=左京進)で命が助かるのなら。」
官兵衛「そ、それは・・・。」
官兵衛は、一瞬迷ったが半兵衛の言葉を思い出した。

半兵衛(回想)「”決断”とは、まさに己が生かしたき”大事”を選ぶ事。」

官兵衛も決断して光の両肩の手を乗せてこう言った。
官兵衛「すまない、光。
     私の見通しが甘かったためにつらき役目を負わせる事になって。」
光「何をおっしゃっているのですか?
   武家の妻なのですからこうなる事も覚悟できています。」
こうして官兵衛は、左京進の助命と織田家に光と生まれたばかりの松寿丸を
”人質”に出す決断を下した。
次の日、官兵衛は父の職隆の許しを得た後に、姫路城に赴き半兵衛に
助命嘆願状を渡し、光を織田家の”人質”になる事を申し出るのだった。

〜続く〜

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
黒田戦記 エピソード1「謀略(はかりごと)」(その13)  ドチモンのエビ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる